トップ > JZX100 > ETCS モニター
 ETCS モニター

もしアナタの車のスロットルが、アクセルを床いっぱい踏み込んでも全開にならないとしたら・・・。
JZX100ツアラーVオーナーにとっては、笑えない真実が、ETCSモニターで明らかになります。 通常多くの方の考えるETCSは、シフトゲート脇のTRCスイッチにより解除が可能、であるならばそれで問題ないのでは・・・。確かにTRC制御はETCSの1機能ですが、100系ツアラーVだけは、 高負荷時出力制御やスロットル非線形制御のため、TRCオフ状態でもサブスロットルは動き続け(アイドリング時はメインスロットルに合わせサブスロットルも閉じています!)メインスロットルの動きと半歩おくれた閉開を継続、 高級車としての穏やかな加速のために出力を絞ってしまいます。特にエアクリーナーやマフラー、タービン交換他でパワーアップした車両が全開走行を繰り返した場合、サブスロットルは徐々に閉じ、 ブースト0.1キロ、出力値で25ps以上 をも誰にも気付かれず、自然な出力カーブのまま奪い取っていたのです。ETCSモニターはその事実の確認は勿論、 走行中でも表示パネルのスイッチでサブスロットルの全開固定が可能。パッセンジャーの為の穏やかな加速と、スポーツカー顔負けのハイレスポンスをプッシュボタン1つで切り替えられる、JZX100ツアラーVならではのデジタル追加メーターです。

>>取扱説明書

サブスロットル実開度をデジタル表示
表示パネルのプッシュボタンで
走行中のオン/オフ可能

※ ETCSモニターはJZX100系ツアラーVのみ対応した商品となっております。JZX100系ツアラーS、JZX110には使用することはできません。

ETCSとは?
2つのスロットルバタフライから構成される2弁式のエンジン出力制御システムです。メインのスロットルが開かれていても、設計者の求める出力以上はサブスロットルを絞ることで 自然な形の出力制御(ある種のリミッターの様な急激な出力制御は行わない)を行うJZX100系TOURLER V に採用されている電気式スロットルシステムです。


JZX100 ETCS モニター
本体
本体価格 ¥29,8000
※ 製造販売は終了となりました。(2013年10月)