トップ > 製品リスト > エアロパーツ > S2000 GT1 ボディー KIT

S2000 GT1 ボディー KIT

ストリートにおいて通用するデザイン的成熟度と、レーシングマシンが持つ、未完成が故な迫力あるフォルムとの融合をテーマに、あのGT4を発売するポリフォニ−デジタルのデザイン協力を得て、待望のGT1ワイドボディーKITがついに完成いたしました。



 アミューズでは、S2000の発売直後から様々なパーツ開発に着手。今までにないコーナリングパフォーマンスとエンジン性能を、あくまでもストリートマシンとしての日常を備えた上で楽しめる形を模索。従来であれば、レーシング仕様でも無ければ到達する事の出来なかった領域の性能を、ストリートでの快適性を備えたチューニングカーと言う考え方の中で、具現化して来ました。

その中で今、アミューズが最も欲しかった性能。それはスポーツカーという要素の中で、もしかしたら最大のキーワードかもしれない、スタイリング部分での魅力増大でした。
 当然、走行性能に直結する空力性能を手に入れる為の手段である事は言うまでもありませんが、その部分とスタイリングとの整合性がとれたとき、スポーツカーにとっては最大の魔力を手に入れた事を意味します。

 具体的には、ワイドトレッド化で可能となるメカニカルグリップ向上に関する理論的裏付けは勿論、リアセクションへのGTウイング取付の様には簡単にダウンフォースを得る事の出来ないフロントセクションにとって、その空力的メリットは著しく、同時に実現されるロングノーズ化とも相まって、狙っているのは現代DTMやスーパーGTの方法論そのものです。




 さらにこのボディーキットのもう一つのテーマがストリートでの使い勝手を考慮したデザインと価格設定についての配慮です。
 まずフロントのカナードやリアのディフェーサーは、公認車検を前提のR処理としてあります。さらに前後ディフェーサーやサイドステップに関しても、ジャッキアップポイントを考慮した高さと切り書きを設定、タイヤ交換やリフトアップを考慮したデザイン配慮がしてあります。また素材についても、いたずらにカーボン素材を使うのではなく、FRP素材を用いた塗り分け塗装を前提にデザインをしていますから、現実的なフルKIT価格を設定する事が出来ました。いうなればGT1ボディーキットのストリートVerの写真を見ていただいているという形になります。
 カナード等、比較的安価に設定できるパーツはOPT設定としてハイダウンフォースな形状を別途設定していきますが、バンパーは勿論、デイフェーサーを含めカーボンでの市販予定はしていません。
 S2000タイプR化計画、みたいな言い方を前回のWEBの中で言いましたが、この方法であれば、塗装代や工賃、公認車検費用を含めて100万円以内で納める事が可能です。
 単体費用として考えると大金ですが、S2000の1グレードとして100万円高の設定でこのルックスが用意されているとしたら・・・。ちょっと悩める選択枝を提供したいと思っての決定です。




- Concept by GRAN TURISMO -
GT1ボディーキット フルキット価格
¥480,000(本体価格)
キット内容 価格
ロングノーズフロントバンパー ¥78,000
フロントアンダーディフェーサー ¥68,000
サイドステップSET ¥88,000
リアバンパー(リアディフェーサー付) ¥68,000
リアサイドデイフェーサーSET ¥48,000
フロントワイドフェンダーSET ¥78,000
リアワイドフェンダーSET ¥78,000
リアデフ用ジャッキUPブロック ¥38,000

 

 

上記価格には、塗装及び取り付け工賃は含まれません。
フェンダーやバンパー単体での取り付けは出来ません。価格は補修注文時の為の参考価格です。
ボンネット、リアウイング、エアロミラーは別売です。